アイフルの審査はココに注意!

アイフルの審査に通るかどうかは、個人信用情報がクリアかどうかが大きく影響していると言っても過言ではないかもしれません。アイフルで申込書を提出すると個人情報の照会がされ、申込書の内容と個人情報に相違がないかの審査が行なわれます。

 

アイフルは、日本信用情報機構(JICC)と、シーアイシー(CIC)という二つの情報収集機関に加盟していて、そこから得られる情報をもとに、申込者が信用できるかどうかを判断しています。

 

個人信用情報機関が保存している個人情報には、カードローンやクレジットの申込および支払履歴だけでなく、分割で購入した携帯電話の支払い履歴なども含まれます。消費者金融は、これらの返済履歴を参考に、その人の人間性を見て取るのです。

 

もし返済履歴がクリアであれば、借金をきちんと返済できる人とみなされるでしょう。
逆に、遅延や滞納を繰り返した履歴が残っていたら、この人にお金を貸すのは危険だと判断されてしまう可能性があります。

 

借金をした頻度や、現在の借入状況もすべて記録されているので、申込書に偽りの記載をしないことが大切です。

 

個人情報は3年から5年は保存されるといわれているので、すでに個人情報に傷がついている場合は、できるだけ期間を空けてから申込むのが良いかもしれません。また、現在借入をしている方は、完済まで確実な返済を続けましょう。

 

安定した返済履歴を残すことで、次回の借入の準備をすることができます。